· 

★5月号 元気風通信★

 

 

□□定額減税におけるシステム対応□□

 

来月6月から定額減税の処理が開始されるということで、2月号で掲載していた復習とTKCシステムにおける対応状況を紹介したいと思います。

 

まず、今年の6月1日時点で控除の対象になる「定額減税対象者」を把握しなければいけません。

それを把握するのに、TKC-PXシリーズ(給与計算システム)では4/24から“「源泉徴収に係る定額減税のための申告書」印刷機能”を搭載しています。下図の通り、皆さんが処理して頂く“給与タブ”の左下にあります。

また、最近私の担当先でも導入したいというところも増えてきた、PXまいポータル(Web給与明細等)をご利用の皆様にはWebで情報を従業員さんそれぞれに入れてもらうことも可能です。ただし、その機能搭載は5/17からとなります。

※図の右側の文字が浮かび上がっていないところに搭載予定です。

今回ご紹介させてもらったのは、準備段階でまだまだ給与処理担当者は大変かと思いますが、システムに沿って対応お願い致します。不明点は担当者までお問い合わせください。

(大分事務所 T.S)

 

 

〇〇プラス思考〇〇 

 

先日娘の保育参観に夫と行ってきました。最初は朝のあいさつや、点呼をする様子をほほえましく眺めました。

娘は緊張したのか終始棒立ちです。その後、周りのお友達が最初は泣いていた子も元気に走り回ったり踊ったりし始める中、娘はずっと私や夫にしがみついたまま動きません。だんだんと周りのお友達と比べてしまい、娘はなんで踊ったりしないのだろうか、発達は大丈夫だろうか、と不安になり悪い方にばかり考えてしまいました。後日、先生にその事を相談するとしがみついて離れないのは状況がいつもと違うことがわかっている証拠です。大丈夫ですよ!と力強く説明してくれました。そんな全力で娘のよい面を説明してくれる先生方のおかげで娘は毎日楽しんで保育園通っています。私自身ももっと原因を考えプラス思考でありたいと感じたできごとでした。  

(別府事務所 Y.K)    

投稿者:広報委員