農業経営

農業者から農業経営へ

農業経営 売上高増大イメージ

生産だけの農業者から生産物の価値を自分で決める農業経営へ

 

農業は事業として捉えると、生産性や市場価格の低迷などに加え、政策的要素も加わり、事業として高いハードルがある分野です。そこで、農畜産物の生産(第一次産業)だけでなく、食品加工(第二次産業)、流通、販売(第三次産業)にも農業者が主体的に関わり、農業を活性化させる第六次産業化も魅力の一つです。

 

当事務所では農家・農業法人の経営パートナーとして、強い経営体質への生まれ変わりをお手伝いしてまいります。

 

経営管理に必要な月次会計による業績管理の支援をベースに外部ネットワーク(金融機関との連携や大分農業経営相談所などの公的な事業活用の紹介)により、税務会計だけでなく、労務管理をはじめ、幅広い視点からの総合的な支援を行うことにより経営のバックアップ、底上げのお手伝いを行います。

 

財務・税務に限らず、農業法人の創業から相続、労務管理など、様々なご相談承ります。お気軽にご相談ください。

大分農業経営支援センター

大分綜合会計事務所では農業に関する総合的な経営サービスをご提供します。日本政策金融公庫「農業経営アドバイザー」有資格者3名をはじめ、税務会計・相続・不動産の専門家や金融機関などのネットワークにより「継続的な黒字体質」を強力にバックアップします。

 

「大分農業経営支援センター」は弊社が運営する農業経営専門のセンターです。

まずはお気軽にご相談ください。

最善のご提案をさせていただきます。

大分農業経営支援センターHPイメージ

別府事務所

 0120-80-3988
土・日・祝定休
9:00-18:00

大分事務所

 0120-40-3988
土・日・祝定休
9:00-18:00