· 

大分県災害時等小規模事業者持続化支援事業費補助金

こんにちは、別府事務所の監査第4課 後藤です。 

梅雨も明けて日毎に暑さが厳しくなっていますが、いかがお過ごしでしょうか。

新しい生活様式の中、マスク熱中症などのリスクも高まりますので、一人の時にはなるべくマスクをはずす、水分補給の機会を増やすなど気を付けたいものです。 

 

さて今回は、【大分県災害時等小規模事業者持続化支援事業費補助金】のご紹介です。 

大変長い名前のこの制度は、今般の新型コロナウィルスの影響により

国の【小規模事業者持続化補助金】の採択を受けた小規模事業者等に対して、

国庫補助に上乗せして助成が受けられる制度です。 

 

国の【小規模事業者持続化補助金】は策定した「経営計画」に基づいて、商工会議所の支援を受けながら実施する、販路開拓等(生産性向上)あるいは販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組を行う際に補助対象経費の2/3が補助 (上限額50万円(一般型)または100万円(コロナ特別対応型))される補助金です。

 

今回の【大分県災害時等小規模事業者持続化支援事業費補助金】は上記、国の持続化補助金に補助率1/6を上乗せ(上限額12万5千円(一般型)または25万円(コロナ特別対応型))

して補助される制度です。

例えば、販路開拓の取組でホ-ムページ開設に60万円かかる場合(一般型)

国:60*2/340

県:60*1/6=10万  合計50万の補助が受けられ、実質負担額は10万円で設備投資が実施できる形です。 

 

 

ただし、補助金の採択決定を受けてから導入を行うことが必要で、第三次公募の期限はR2102(採択結果は2020年12月頃)となっております。  詳しくは、各担当者にお問い合わせください。

 

大分県HP

http://www.pref.oita.jp/soshiki/14000/shokibojizokuka.html

 

 

投稿者:監査第4課