蔵前達郎コラム

とん挫した「マイナンバーカード」によるワクチン接種管理
蔵前達郎コラム · 2021/06/03
 自治体が行う新型コロナウイルスワクチンの予約の電話が、つながらないそうです。予約を焦るあまり家族総出で電話をかけまくるのだから想定外の通話量なのだろう。  また、大規模接種センターの予約システムと、各自治体のシステムが連動していないので、二重接種には注意しないといけないらしい。...

ウィズコロナで問われる「会社の使命感」
蔵前達郎コラム · 2021/05/25
変異ウイルスの収束の見通しはいまだ立っていません。 こうなれば、覚悟を決めて、感染防止策を徹底しながら日常生活を続けるという「ウィズコロナ」を前提に経営を見直さないといけません。 地域の魅力研究所代表理事の多胡秀人氏(金融庁参与)によると、金融機関を例に、2つのことを言われています。 1.求められているのは融資のスピード...

コロナでわかった「社会システムの転換の必要性」
蔵前達郎コラム · 2021/05/20
我が国は、阪神、東北、熊本の大災害を経験しました。そのたびに諸外国から称賛されたのが、略奪などなく、お互いに助け合う国民の民意度の高さです。それに比べ、今回のコロナへの対策は、後手、後手の一方で、ワクチンの年内接種はあきらめています。  「国民一流、政治は三流」と揶揄されますが、今に始まったことではないようです。...

われわれの使命は何か ~ドラッカーならば、どうする?①~
蔵前達郎コラム · 2021/03/01
もし、マネジメントの父と呼ばれたドラッカー先生が生きていたら、ウィズコロナの現在、我々にどうアドバイスするでしょうか? 第1の質問 われわれの使命は何か (自分たちは、何のために、社会の何を変えようとしているのか)...

リモート監査事始め
蔵前達郎コラム · 2021/01/29
1.新型コロナウイルスの感染拡大で上場企業の会計監査が変わった   日本経済新聞(2021年1月13日)によると、上場企業を対象とする監査法人では、「新型コロナウイルスの  感染拡大が上場企業の会計監査に「新常態」をもたらしている。移動制限や在宅勤務の広がりで、企業を訪問...

教育資金贈与は3月までに!
蔵前達郎コラム · 2021/01/25
教育資金、結婚・子育て資金の一括贈与は令和3年3月31日までが有利 令和2年12月10日に公表された2021年度税制改正大綱によると、教育資金、結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置が、一部見直しのうえ延長されました。今回の改正は、適用要件が厳しくなり相続税の節税を封じる内容となりました。

◆◆自分を拾う、夢を運ぶ◆◆
蔵前達郎コラム · 2021/01/15
12月1日に放映されたNHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」を拝聴しました。 今回のプロフェッショナルは、横浜市で最大手のゴミ回収会社で50人の部下を束ねる「岳裕介(たけ ゆうすけ)...

◆◆お客様の立場で考える◆◆
蔵前達郎コラム · 2020/12/11
先日、お客様とこのようなお話をしました。 20年前に夫である社長が脳梗塞で半身不随になり、自宅介護ののち10年前に亡くなっています。 その奥様も85歳になっています。...

映画『Fukushima50』から学んだ「名もなき人々の強い意志」
蔵前達郎コラム · 2020/03/27
新型コロナウイルス感染症の拡大や、それによる経済的損失で、先が見通せない状況が続いています。 そのような中で、映画『Fukushima50』(原作 門田隆将「福島が日本を救った」)を見ました。